トップページからの発リンクを減らす

TOPページからのリンクを減らすほうがいい?

TOPページには、各コンテンツへのリンクや、外部に飛ぶリンク(発リンク)が並べられていると思います。

個人サイトでいうと、そのなかでも、TOP相互リンクの数というのは、
全体のリンクの数の50%くらいを占めているということも珍しくないのが実情です。

相互リンクというのは、確かにSEO検索エンジン最適化に効果があります。

同じ系統のWEBサイトに相互リンクを申し込み、お互いにリンクを張ることで、お互いに、被リンク数のアップ自サイトへアクセスできる通り道を増やすということが達成されています。

一見、一石二鳥のような感じですが、ここに落とし穴があります。

Google検索エンジンは、発リンクが多いサイトを嫌うのです。

あくまで目安としてですが、1ページに100個以上の発リンクがあると、スパム行為ととられる場合があるようです。

当然上位表示にも多少影響があると考えられます。

このリンク数は、自サイト内のリンク数も含めた数字になるので、TOP相互リンクを増やしていく、というのは、サイト内へのリンクを減らさなくてはならない。ということになり、
自分のサイトのコンテンツを縮小しなくてはいけない事態に陥ってしまいます。

これは、サイトのアピールが十分に出来ないので、アクセスアップを狙う場合、かなりの痛手です。


逆に、被リンク数に対して、発リンクが少ないサイトというのは大きく評価してくれるようです。

被リンク数を増やして、TOPページの初リンクを減らすというのが、Google系検索エンジン上位表示のコツになります。


では、このようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

とりあえずできることは、TOP相互リンクの受付を終了して、リンク集での相互リンクを増やす。

ということでしょうか。

私は、とりあえず、この策をとりました。

その他に考えられる対策が、このページランクを上げるの本題になります。

サブページについて

サブページも同じく、発リンクが多すぎると、サイトの価値が下がってしまうようです。
しかし、あくまでもこれはサブページでの話で、TOPページがスパムととられると、全ページがダメになってしまいます。

特にTOPページの初リンク数には気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Clip to Evernote

メールを送る

ご質問やご意見ご感想はこちらのフォームをお使いください。

SEO [PR] @J[hr ₦΍@ Cu`bg SEO