トラックバック機能を使ってみよう

トラックバック機能とは?

コメントに続き次はトラックバックについて。

トラックバックとは、ある記事に対して、自分が書いた記事がその内容に関連が深い、またはその記事を参考にした記事を書いた場合などにそれを自分の記事で紹介する。というものです。

実際にトラックバックしてみよう

トラックバックのやり方は次のようになります。

1、トラックバックしたい相手の記事の上部か下部のトラックバックをクリックして、トラックバックURLをコピーする。 
2、自分の記事を編集し、トラックバックURLを貼り付け、保存してそのまま公開する。 
3、トラックバック完了!!(^^)v

このような感じです。 
最初はなれない機能なので敬遠しがちですがやってみると意外と簡単です。

初めてのトラックバックはちょっと勇気がいります。 
ここでトラックバックの練習ができるので習得しちゃってください☆

トラックバックはSEO(検索エンジン対策)にも効果あり

トラックバック機能は、意見交換や感想を書くことで他のサイトさんとの交流の方法としても有効ですが、他にもページランクについてにもある被リンク数のアップにつながったりもします。

トラックバックをすると自分のウェブサイトのURLも一緒に投稿できるようになるので、必然的に相手のサイトからのリンクがもらえる。ということになります。これはつまり被リンク数のアップにつながります。

もちろん被リンク数のアップを目的としたトラックバックは相手のサイト運営者にもいい感じを与えないのでしない方がいいですが、自分の記事で相手のサイトを紹介した。や、相手のサイトの記事と関連が深い記事がある。あなどの場合はトラックバックをしても意味があるトラックバックということになるので、いいと思います。

また、サイトによってはトラックバックが出来ないようにしてある所もあるので、そういう所へのトラックバックは出来ません。

運営者にはトラックバックによる嫌がらせ・スパム行為などがある場合に備えてトラックバック削除機能が付いているので、常識に基づいたトラックバックを心がけることが必要です。

基本は相手のサイト運営者との交流・情報収集や情報交換を目的として使っていきましょう。

トラックバックの注意点

・関連性の無い記事に宣伝目的でトラックバックをしない 
・相手のサイトにトラックバックの注意事項が記されていないかどうか確認し、もしあれば注意事項を守る。

最低限このルールは守りましょう。

ルールを外れた行動は相手の管理者にいい印象を与えません。

管理者はトラックバックを制御したり削除する権限を持っていますし、過度のトラックバックはスパム行為(違反行為)として取られる場合があり、何らかのペナルティが与えられるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Clip to Evernote

メールを送る

ご質問やご意見ご感想はこちらのフォームをお使いください。

SEO [PR] @J[hr ₦΍@ Cu`bg SEO