国内航空券料金を節約!国内格安航空券予約サービスのすすめ

国内格安航空券予約

国内の航空会社は、ANA、JAL、スカイマーク、スターフライヤーの4つがありますが、それぞれ独自の割引制度があり、航空券の基本料金も微妙に異なります。

例えば〇〇日前までの航空券予約・購入で大幅な割引があったりします。

もちろんその場合は決められた日数前までに事前予約しなければ割引は受けられず、特に飛行機の利用が増える年末・年始では割引が受けられない場合もあることも。

国内航空券でも往復になると数万円は違ってくるので、料金面を重視する場合は何かしら割引をうけたいものです。

私も実家が九州にあるので、お盆や年末年始は帰省することが多く、どうにかして格安激安航空券が手に入れられないものかとインターネットで探したところ、かなりお得な航空券予約できる国内格安航空券の比較サイト(ANA・JAL・スカイマーク・スターフライヤー)を見つけました。

ビジネス(出張)などにも大変おすすめできます。

※発着地や時期により格安航空券が出回っていない場合もありますので、その点ご了承ください

どのくらい安くなるの?

年末年始の羽田⇔九州の往復チケットは正規料金で6万円前後、正規割引適用で4万円前後はかかってしまいますが、 国内格安航空券の比較サイトで調べると往復航空券プラス1泊ホテル付きで2万円弱なんていうものもあり、とてもお得な内容になっています。

これは文字通り往復航空券とホテル1拍料金の合計金額なので激安。
さらにマイレージも貯まるので至れり尽くせりです。

出発地・到着地は全国に対応しているので、それぞれサイト上で選択すれば各地への格安航空券一覧を調べることができます。

またANA・JAL・スカイマーク・スターフライヤーの4つの主要航空会社の航空券価格を1度に比較して調べられるのがとても便利。(4つすべての航空会社を一度に比較できるサイトは意外と少ないです)

なぜそんなに航空券格安になるの?

なぜ航空券がここまで格安になるのかというと、ひとつはツアー客用の航空券をバラ売りしているからです。 電車に例えると回数券を買い、それを一枚一枚売っているようなものです。

もう一つは格安航空券は有効期限の制限があったり、予約内容の変更不可など航空会社にとって都合がいいものであることが挙げられます。

また一番大きな理由としては、航空会社が売る航空券の値段設定には政府の認可がいるということです。 国内格安航空券の比較サイトはビーウェーブという航空チケット販売代理企業が運営していますが、航空会社が販売代理企業にチケットを卸した場合は、代理企業側で値段が決められてしまうというのが実状のようです。

事前予約はいつまでにすればいいの?

正規の割引プランでは90日前や45日前、30日前までに予約・購入が必要ですが、このサイトでは出発日の11日前17時まで予約が可能です。(土・日・祝日は除きます)
※スカイマーク利用のプランは出発日の7日前17時まで予約可能です。(土・日・祝日を除きます)

格安航空券はとても人気があり、チケットがなくなってしまうと予約することはできませんが、ここまで日数制限が短いと急な入用にも対応しやすくとても助かります(^^)

格安航空券購入前の注意点

1、往復チケットは帰着日の延長が最大14日間まで出来るので1泊3日や1泊14日などの日程で予約が可能ただし1拍目以降の宿泊場所は別で確保しておかなければいけません

2、予約内容の変更ができないため、キャンセルの場合キャンセル料金が発生してしまう。
※台風等天候の影響で欠航になった場合は全額払い戻しになりますが、通常運航や遅延しての運航の場合、搭乗できなければキャンセル料が発生してしまいます。

どうやって予約するの?

まず国内格安航空券の比較サイトで出発地を選び、航空会社と到着地を選択。
フライトスケジュールと日程別料金を確認し、『空席照会・予約』をクリック。(時間帯や利用人数によって多少料金が変動します)
あとは希望の日程を選択し基本情報を入力すればOK。会員登録なしでも予約が可能です。

購入方法について

航空チケットの購入方法についてですが、クレジットカードに対応していないため銀行振込のみ可能となっています。

※発着地や時期により格安航空券が出回っていない場合もありますので、その点ご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Clip to Evernote
SEO [PR] @J[hr ₦΍@ Cu`bg SEO