バナー広告の種類

バナー広告とは?

バナー広告とは決められたサイズの枠の中に写真や画像を使って商品や企業のアピールなどをデザインしたものです。

サイズは様々ですが、468x60サイズが標準となっています。

色々なサイズがあり、以下に例を紹介します。

バナー広告標準サイズ:468×60

使いやすい小さめのサイズもあります。

ハーフサイズ:234×60

224×33

135×45

120×60

100×60

88×31


60×60

120×120


バナーサイズにはいろいろありますが、この中にもクリックされやすい大きさ、されにくい大きさなどがあり、管理人がよく使っているサイズは120×60100×60120×120です。

あまり大きい広告を使うと、いいイメージを与えません。小さすぎてもバナー広告の効果が弱まります。

どちらも使いようによっては効果を発揮しますが通常は大きすぎず、小さすぎずインパクトが強い広告を選んで紹介するのがお勧めです。

テキスト広告

テキストの広告もあります。画像広告よりもクリック率が少し高いようです。
こちらも使いようによっては大きな効果が得られます。

広告サンプル⇒RealArcade30日無料トライアルでゲームを思いっきり遊ぼう! 

プログラムによってはテキスト部分を自分で編集できる場合もあります。

広告の内容を見てどんなテキストで紹介するかによってもクリック率が変わってくるので、重要なポイントになります。

実践編ではクリック率などについても紹介しているので、参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Clip to Evernote

メールを送る

ご質問やご意見ご感想はこちらのフォームをお使いください。

SEO [PR] @J[hr ₦΍@ Cu`bg SEO