車検費用を安く抑える方法

車検について

車検は車を持っている人ならほとんどの人が経験したことがあるものです。
車検の受け方は大きく分けて2つです。

運輸局の指定を受けた民間の整備工場で受ける方法(よくある車検代行業者など)と、陸運支局の車検場で受ける方法です。

前者の民間車検業者はそれぞれの業者によって費用は変わります。
場合によっては数万円の違いが出てくることもあるようです。

車検一括見積もりサービスなどを利用することで全国の業者で車検費用を無料一括見積もりすることが出来るので、お近くの民間車検代行業者の中でもできるだけ安いところを簡単に比較・検索ことが出来ます。無料のサービスなのでぜひ利用してみてください。

後者の方法ですが、この方法が車検費用を格安で済ませることが出来る方法になります。具体的な方法としてはユーザー車検ユーザー車検代行の2つです。


ユーザー車検とは?

自分で車検に必要な車の点検・修理をして陸運支局に持ち込んで検査してもらう方法です。

実質かかる車検費用自動車重量税検査手数料自賠責保険の3つ。

自動車重量税を合わせて3ナンバーの自家用車で計算するとおよそ7~8万円程度になります。軽車両の場合はもっと安いです。

この3つは車検を受けるうえで最低限かかる費用です。

通常の車検代行の相場は11万円前後なので、3~4万円ほど安くなります。


ユーザー車検の流れ
1)車の点検・整備

まずは車検に必要な車の点検・整備です。車検は主に車の外見を検査するのもなので内部の詳しい知識はほとんどいりません。各点検・整備ポイントはで詳しく説明されているので参考に。

2)ユーザー車検の予約

各県の陸運支局の電話番号を探し、ユーザー車検の予約を取ります。各陸運支局の電話番号と所在地

3)書類を準備

自動車検査証(車検証)・自動車税納付証明書・自動車損害賠償責任保険証明書・定期点検簿(自作可)

4)車検場に行く

車検場で申し込みに必要な書類や印紙を購入します。
重量税の印紙はここで購入するのでお金を忘れないように。
(継続審査申請書・自動車検査票・自動車重量税納付書)

5)車検場での書類の記入

購入した継続審査申請書・自動車検査票・自動車重量税納付書に記入します。値段は30円・1400円・各重量ごとです。

6)検査ラインでの検査

いよいよ検査員による検査を受けます。細かな内容などは国土交通省公式ホームページの登録ガイドをご覧ください。

7)車検終了・その後

車検に合格すると新しいステッカーと車検証がもらえます。
ステッカーは張り替えておきましょう。ユーザー車検は終了です。




車検がすでに切れている場合

車検を受けに行くにも陸運支局までは運転していかなければなりません。
車検が切れた状態で公道を走ると6点の減点になり前歴がなくても一発で免停になります。

自賠責保険も切れている場合はさらに6点の合計12点の減点になり、前歴がなくても90日の免停前歴があれば免許取消しの上、かなり高額の罰金も取られるので運転は避けましょう。

では車検が切れてしまった場合はどうやって陸運支局まで車を運べばいいのか?

一番安く済む方法は、仮ナンバーを取得し自分で運転していくことです。仮ナンバーの取得で一時的な運転が可能になります。

仮ナンバーの詳細

私が仮ナンバーを取得したときは、区役所で申請して自分で取り付けました。
料金は800円程度です。
期間は約1週間くらいしか借りれませんので、時間が取れるときに仮ナンバー取得申請をしましょう。

仮ナンバーは工具があれば自分でも簡単に取り付けることが出来ます。

ナンバーは、前と後ろ、両方つけなければいけません。

ナンバーについている”封印”とよばれるものがありますが、これは絶対に取らないようにしてください!

これを取るとまた取得しなおさなければなりませんし、手間がかかります。
もともとつけてあるナンバーの上に付けれるねじだけで仮ナンバーを固定してください。

上からネジで固定するだけでも簡単には取れないのでこれで十分です。

ただしこの場合は自賠責保険が切れていたら事故しても保険は下りませんし、任意保険に入っていなかったら完全に無防備状態になるので、運転には十分気をつけることが大切です。

※注意 車検後の車の整備保証はありません

注意していただきたいのが、前者で紹介した民間の車検代行業者では車検後も車の調子がおかしくなっても何ヶ月か整備保証が付いているので安心ですが、ユーザー車検車検代行ではこの保証がありません
車検に通ってしまえば整備する必要はありません)

管理人お勧め車検情報サイト

▼ユーザー車検についての情報を詳しく紹介しているサイトです。

ユーザー車検AtoZ・・・ユーザー車検について体験を元に詳しく説明されたサイトです。参考になります。

読んで得する体験談・・・こちらもユーザー車検についてのサイトです。お勧めです。

ユーザー車検代行

ユーザー車検は何か難しそう・・・なんて人にお勧めのユーザー車検代行車検を通す目的以外の整備は行わないので安めの料金(5,000円~1万円が相場)で車検代行をしてくれます。

有名なところでは、オートウェーブ(料金/9800円から)などが実績もあり安いと思います。

ただし、ユーザー車検同様に、かかる費用は格安にはなりますが、車検後は車の整備保証はありませんのでご注意ください。
(同じく、車検に通ってしまえば整備する必要はありません)

整備保証がついていないと心配・・という方は、車検比較サービスなどで地元のガゾリンスタンドでの車検費用を一括で無料見積もりして、一番安いところで済ましてしまうのがいいと思います。

格安車検『ホリデー車検』

時間や手間をあまりかけたくないので、多少料金はかかっても、早くしっかりやってもらえるならいい。というかたにおすすめなのが、土日に30分~1時間程度で車検を終わらせてくれる『ホリデー車検』。

料金は1~2万円前後と比較的お安く、2011年現在で年間20万人以上の方が利用されており、リピーター率70%の信頼と実績のある格安車検です。

店舗は全国に250店以上ありホームページ上から店舗検索ができます。

車検の見積もりについて

実際は、これをするだけでもかなり安く車検費用を抑えることが出来きることがわかります。ユーザー車検や、車検代行業者との料金の比較もすることが出来るので、利用してみてください。

お住まいなどの情報を登録すると、メールで一括して地元の車検民間業者サービスの料金比較表と、その詳細情報などが送られてきます。簡単ですし、送られてくる情報も見やすいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Clip to Evernote
SEO [PR] @J[hr ₦΍@ Cu`bg SEO