広告収入の仕組み

イメージ画像

広告収入とは?

現在インターネットを利用して収入を得る方法(ビジネスや副業)は沢山ありますが、 当サイトで紹介する広告収入とは自分のホームページやブログ・携帯サイトで広告を紹介して得られる収入のことを言います。

いわゆるインターネット上の広告宣伝収入です。

広告収入を個人で得るにはアフィリエイトプログラムと呼ばれるサービスを利用して収入を得るのが主流になっています。

広告収入を得るにはホームページやブログもしくは携帯サイトを用意して、アフィリエイトプログラムへの参加をすることが必要になります。

広告収入の仕組み

広告収入の仕組みについて簡単に説明します。

上でも書きましたが、広告収入を得るためには、アフィリエイトプログラムへの参加が必要になります。

アフィリエイト(Affiliate)とは訳すと『提携』という意味になります。

広告主とアフィリエイトプログラムを提供する企業、私たちホームページ運営者がそれぞれ提携関係になることで、広告を宣伝紹介する報酬としてある条件下で成約した成約金の一部を受け取ることができる仕組みになっています。

▼広告料発生の仕組み図
企業サイト 広告主 クライアント アフィリエイトプログラム 広告代理店 アフィリエイトパートナー
▼効果や活動の流れ
企業サイト 広告主 クライアント アフィリエイトプログラム 広告代理店 アフィリエイトパートナー

複数の広告主と私たちホームページ運営者の仲介役をしてくれるのがアフィリエイトプログラムになります。

広告業界の広告代理店にあたります。

ホームページで広告収入を得るメリットとデメリット

広告収入を得る一番のメリットは無料からノーリスクで始める事ができるという所です。

ホームページ運営者は簡単な審査を受けることで、登録料・利用料ともに完全無料でアフィリエイトサービスプロバイダと提携することができます。

またホームページは24時間365日インターネット上で公開されているので、ホームページ運営が軌道にのってくるとホームページから継続的に広告収入が得られる状態になっていきます。

専門的な知識も多少必要ですが、ホームページ運営者になり広告収入を得ることはそんなに難しくはありません。

デメリットとしては、ある程度の時間がかかるというところだと思います。

初報酬(数千円~数万円程度のもの)は自己アフィリエイトを利用することで2ヶ月~3ヶ月で手にすることができます。

しかしホームページが収入を生み出す状態になるには、ある程度のアクセス数とコンテンツの充実が必要になります。

これらを作るまでにそれなりの時間がかかってしまいます。

私を例にすると始めは何もわからないままホームページを作り、アフィリエイトを始めましたが、約3か月ほどで初報酬を得ることができました。

アフィリエイトをする人には難しい試験や資格は必要なく、必要なソフトはインターネット上で無料で手に入りますし、あとは報酬の受け取りに銀行口座が必要になるくらいなので、学生(中には18歳以上の条件があるプログラムがあります)や主婦・サラリーマンの方などどなたでも始められます。

どのくらいの収入になるのか?

当サイトでは実際に振込み実績があるアフィリエイトサービスを中心に紹介しています。

月に数十万・数百万円も稼いでいるサイト運営者さんも数多くいらっしゃいますが、最初まずは月に5,000円~1万円くらいを目標にやると負担も少なくいいと思います。

ホームページによる広告収入のメリットでも少し詳しく書いているので、こちらもぜひご覧ください。

さっそく広告収入を始めてみたい場合はこちらから

広告収入に興味があり早速始めてみたいという方は、まず自分のホームページを作りましょう。

ホームページを作るのが難しいという方でも、ブログを使えば簡単に自分のホームページを持つことができます。

ホームページ作りにも興味がある方は、ホームページを作ってみることをおすすめしますが、手っ取り早く始めたいという方はブログを利用することをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Clip to Evernote

メールを送る

ご質問やご意見ご感想はこちらのフォームをお使いください。

SEO [PR] @J[hr ₦΍@ Cu`bg SEO